建築日記~格ちゃんのひとりごと~

(株)環設計のブログです。 最近思った事や、建築に関する近況などを書いていこうと思います。




宮ラジ出演 :: 2023/10/14(Sat)

令和 5年10月14日(土)
昨日、宇都宮のFM局の宮ラジで【北陸日本海一人旅】で、旅の紹介をさせてもらいました。
原稿をコピーで紹介させてもらいます。
IMG_20231013_165338.jpg


※東RC R6年1/16(火)卓話予定 原稿より
起;
会員の青木です。プログラム委員長の小林さんより北陸日本海一人旅の体験談を話して欲しいと頼まれまし
たので、少し紹介させて頂きます。
70歳を過ぎた令和2年に奥の細道一人旅で宇都宮から青森の竜飛岬まで約900㎞の旅をし、帰りは弘前、秋田と
廻って宇都宮市に戻りました。この時は芭蕉の奥の細道や浅田次郎氏の流人道中記にならって奥州街道を一路
北上しました。多くの町や名所旧跡も訪ねましたが、多くが近世の安土・桃山時代以降発展した町の為 ひたすら
歩く旅でした。しかし帰りの旅で 弘前から能代、秋田市と日本海側を廻ると、太平洋側とは何か違う 歴史と文化と
街の風情を感じました。多分奈良、平安から明治に至る交易の大動脈である 日本海とそれを支えた北前船による
京文化の影響だと思います。そこで元気な内に北陸日本海の北前船の航路を辿った旅に出たいと考えておりました。

承;
そして今年7月2日から30日まで1カ月、秋田から新潟、富山、能登半島を廻って金沢までの日本海沿い 約1,000㎞
の徒歩の旅に出ました。主な街を紹介しますと秋田県の秋田市、由利本荘市、仁賀保町から遊佐町、山形県に
入り酒田市、鶴岡市、新潟県の村上市、新発田市、新潟市、寺泊~長岡市、柏崎市、上越市(直江津)、糸魚川市
を経て富山県に入り魚津市、富山市、高岡市、氷見市から石川県能登半島に入り富山湾沿いを 七尾市、穴水町
能登市、珠洲市から日本海側の輪島市に廻り、ここから能登半島を出て かほく市、羽咋(ハクイ)市、そして金沢市…
と約 25の町々(12の市が北前船寄港地)を 30日掛け、徒歩を中心に電車やバスなども利用して旅をしました。
毎日朝7時にスタートし午前中は町から町の移動を徒歩で3~4時間 約15㎞歩き、バスや電車があれば利用して
移動です。午後は街歩きで、街中の商業施設や社寺建築や美術館…等を観て廻り夕方4時頃 旅館や民宿に
チックイン の毎日です。宿泊は民宿が16日、和式旅館が3泊、ビジネスホテルが10泊です。3年前の奥の細道一人旅
では行当りバッタリで旅館を探したので苦労した為 今回は旅立つ前に予約しておいた為 ユックリ楽しめました

転;
旅先で感じたことを幾つか紹介させて頂きます
1; ともかく人が少ない。国道や県道など 2時間歩いても誰とも会わない日が結構ありました。
2; 車も少なく 軽自動車が多かったです。ベンツ等の高級外車はほとんど見かけませんでしたが、皆さん人に優しく
横断歩道に立つと トラックも含め ほとんどの車が止まってくれますし、黄色信号では止まります(当り前ですが)
3; 交通手段は車中心で電車バスは1時間1本が当り前、朝夕しか走らない路線も多くスイカ等の交通系ICはNGです
4; しかし多くの町が無料の市内循環バスを15~20分間隔で運行しており、必ず4ヶ所は止まります。①総合病院
②駅前 ③市役所前 ④イオンモール…等の大型ショッピングセンター前です。利用者の多くが高齢者のお婆さん達です。
5; 多くの町が伝建地区(伝統的建築物保存)の指定を受けて落着いた街並みを形成しており、町の歴史を感じました
6; 少し大きな町でも自前の図書館、文化会館、記念館…等を昔から建築しており、文化意識の高さを感じます

結;
幸いにも春から仕事も一段落したので 思い切って7月に旅に出た次第です。出発が1週遅れると北陸を襲った
線状降水帯の大雨で中止せざるを得なかったと思い ラッキーでした。それでも酒田から鶴岡、鶴岡から
村上市への移動では線状降水帯にぶつかり、雨合羽に傘を差しての移動となり山形のあつみ温泉付近では
下着までびしょ濡れの中、ひたすら歩き続けました。そんな中で歩きながら考えました、何の為に、何を求めて
歩いてるのか?と…多分、思い出作りだと思います。色恋はもう関係なく、仕事や金銭欲でもありません。
映画で言うなら自分の人生のハイライト、見せ場作りだと思います。金は残せないけど 経験や記憶は残せる!
にその通りだ!と思いながら歩いていました。70年の人生で様々なハイライトがありましたが家族や友人に楽し
く自慢げに話せる思い出話が出来たと 思っています。このような機会を頂いたことに事に感謝いたします。

資料;北前船寄港地 ①小樽 ②松前 ③能代 ④男鹿 ⑤秋田 ⑥由利本荘 ⑦仁賀保 ⑧新潟 ⑨出雲崎 
 ⑩長岡 ⑪上越(直江)⑫富山 ⑬高山 ⑭輪島 ⑮羽咋 ⑯金沢 

IMG_20231013_165333.jpg


  1. 未分類

R5年9月は凸凹 :: 2023/10/02(Mon)

本日は令和5年10月2日(月)
アット言う間にもう10月! しかし今年は秋分のお彼岸を過ぎても暑かった!
ともかく観測史上最高に暑い夏との事です。
しかし昨日 10月に入ると一気に秋モード、今日の朝のウオーキングは半袖では寒く、長袖にしました。
ともかく9月は暑さと毎日凸凹の連続で、思い出すだけでも凹んでしまいますが記録として
3つ書いておきます

①9月3日 パソコン突然起動せず ⇒イヤー参りました(>_<) ともかく仕事もメールも…全て出来ず!
     全くお手上げでしたが、2日後、鹿沼市のパソコン太郎という会社で修理依頼をすると、
    3日後にHDD⇒SSDに交換したら起動OKとの事。イヤー助かった!
    料金は¥34,800- と安く、しかも処理速度が2倍になってはるかに使いやすくなりました。

②9月25日 PCⒺメール、送受信不可⇒今度はプロバイダーとの接続不良。
     メール送受信不可で またまたお手上げ (>_<)
     Docomo光/トータルサポートやOCN/カスタマーズフロント…とTEL掛けまくり、
     新しいパスワードに交換して OK!  前回のPC修理で、多分メルアドとパスワードが
     ハッカーされたと思える…が原因は不明です。

③9月25日 帯状疱疹発症&足底腱膜炎で歩行不可⇒虫に刺されたのかな?と思って
     皮膚科に行ってみると、何と帯状疱疹で左足太腿内側から尻にかけて発症との事。
     痛みを感じないのが幸いでした。 今日はホボ完治です!
     左足がかかとが痛くて歩行が辛い為、整形外科で診察してもらうと足底腱膜炎との事。
     歩き過ぎや立ち仕事を続けると 発症するとの事。日本海一人旅の徒歩旅行が原因かな…
     と思いつつビッコタンコで歩いていましたが、今日はホボ完治です。
 
  …とストレスが溜まることが連続でしたが 良いこともありました。

9月29~30日 京都大山崎山荘美術館訪問 と 鴨川の川床で中秋の名月を肴に 
       月見酒を楽しみました !(^^)!
IMG_20230929_201045.jpg








  1. 未分類

総括/北陸一人旅 :: 2023/08/26(Sat)

今日は2023/R5年 8月26日
連日の35℃超え猛暑には参ります。
旅から戻って約1か月、体調も元に戻りましたので、記憶が薄れないうちに旅の総括をします。

起/ R2年の奥の細道(東北)一人旅は浅田次郎氏の< 流人道中記>に刺激されて
 歩いて青森を目指すのが主な目的で、建築視察はその次でした。
 逆に言えば訊ねる町々も多くなく、話題になる建物も少なかったです。

承/ しかし今回の旅は、ともかく歴史や由緒ある町々が多く、話題となる建築も数多く存在しています。
 ともかく大和朝廷から明治維新までの約1,200年、特に安土桃山から江戸時代までの約400年間の
 北前船による京文化の波及は、私の想像をはるかに超えて多くの町々に言葉や料理や街並みに
 残っておりました、またそれを感じたくて旅に出ました。

転/ 訪問した町は25市町、町~町への移動は電車が60%、徒歩が40% 但し能登半島はバスが80%
 午前中は町~町間の移動が中心、午後は徒歩による街歩きと建築散歩が中心で 一日平均 15㎞ は歩きました

結/ 歩きながら 考えました <何の目的で歩くのか? What for?>…と
 色、恋や金や欲ではなく、素直に楽しく人に 話せる思い出作り、つまりは自分史作り…映画で言うなら
 人生のハイライト場面作り…みたいな、要は自分自身で楽しい思い出作りをする為に! と言う事になります。

<感銘を受けた建物 6選> 
 どれも建築の枠を超えた、素晴らしい空間芸術の建物です。
① 秋田国際教養大学図書館   設計;仙田 満&環境デザイン
② 長岡市/アオーレ         設計;隈研吾
③ 糸魚川市/谷村美術館      設計;村野藤吾
④ かほく市 /西田幾多郎哲学館 設計;安藤忠雄
⑤ 金沢市/石川県立図書館    設計;仙田 満&環境デザイン&石川県営繕課
⑥ 金沢市/海みらい図書館    設計;シーラカンス

<設計の参考になる建物 6選>
 これからの自分の設計に役立てたい…と思える建物です。
① 鶴岡市/藤沢周平記念館
② 村上市/扇屋旅館
③ 上越市/浦川原駅待合所
④ 魚津市/Cafe Kininal
⑤ 富山市/滝廉太郎記念館
⑥ 金沢市/街中の小粋なOffice

<なんだコリャ!建物 6選>
  全て昭和からバブル時期の重厚長大建築で、多分今後は創られないし、求められないでしょう!
① 由利本荘市/文化会館カダール
② 鶴岡市/荘銀タクト
③ 新発田市/新発田市民会館
④ 新潟市/秋葉区文化会館
⑤ 魚津市/埋没博物館
⑥ 七尾市/能登島ガラス博物館

<チョット気になる建物 6選> 
 街歩きの中で発見した素晴らしい建物です
① 新潟市/燕喜館
② 長岡市/リーリックホール
③ 氷見市/雨晴しテラス
④ 富山市/富山図書館
⑤ 富山市/ガラス美術館 キラリ
⑥ かほく市/海っこランド

<懐かしい 街並み 6選>  
 どの商店街も京の町屋造りを感じさせ、重要伝統的建造物保存地区の指定になりそうな街並みです。
① 村上市/鮭と酒 きっかわの商店街
② 高岡市/金屋町(風鈴) ※重伝建指定済
③ 七尾市/一本杉通り 商店街
④ 能都町/中央商店街(包丁ふくべ)
⑤ 輪島市/馬場崎通り商店街
⑥ 金沢市/東茶屋 主計町 ※重伝建指定済


  1. 未分類

北陸29/金沢・帰宇 :: 2023/08/09(Wed)

北陸一人/金沢~帰宇

㉙ 7月30日(日)長かった一人旅も、本日で終わり! 宇都宮に戻ります

朝一の金沢循環バスで東茶屋/主計町を散策。
イヤ~京都の先斗町みたいです! 浅野川に架かる川床は規模ははるかに小さいですが、
鴨川の川床と同じです。やはり金沢~富山は京都の影響を強く受けた、加賀百万石の城下町ですね。

IMG_20230730_090303.jpg

IMG_20230730_090425.jpg

IMG_20230730_090445.jpg

IMG_20230730_090810.jpg

IMG_20230730_090718.jpg

IMG_20230730_091619.jpg

IMG_20230730_091739.jpg

午後12:50 発 新幹線/耀きで 午後3:25 宇都宮に戻る。
金沢~宇都宮 わずか 2時間半、1か月掛けた旅が 2時間半で終わりました!
それにしても北陸新幹線 金沢~長野間 70%がトンネルで 車窓は何も見えず、
ただ早いだけの、つまらない旅です。

旅の最後を締めくくる 駅弁、加賀百万石弁当です! 頂きます、お疲れさまでした !(^^)!
IMG_20230730_125624_1.jpg







  1. 未分類

北陸28/金沢市 :: 2023/08/08(Tue)

北陸一人/金沢市・1


㉘ 7月29日(土) 本日は金沢市街歩きです
まず朝一の6時半~8時半 で金沢城一周、香林坊~21世紀美術館~石川門~堀通り
~武蔵交差点~宿舎のザ・スケア金沢戻り 、と気分良くWalking。

AM 9時 <石川県立図書館>到着、あまり期待していなかったが…内部に入ってビックリ!
何だコリャ! と絶句。
ヒナ段形式の図書棚は秋田国際教養大学の木造から S造への進化型としても
そのスケールの壮大さに驚く! 多分秋田教養大学の4~5倍あります。
吹抜け空間が大きすぎる為、センター部には長さ約15~20ⅿの吊り橋が架け渡されてるが怖いようです。
設計は環境デザイン&石川県建設営繕部のJVとの事。
この文化意識の高さが 金沢なんだな!と思い知りました。

IMG_20230729_094903.jpg

IMG_20230729_095128.jpg

IMG_20230729_091104.jpg

IMG_20230729_090823.jpg

IMG_20230729_090815.jpg

IMG_20230729_091119.jpg

IMG_20230729_091153.jpg



IMG_20230729_094601.jpg

IMG_20230729_094544.jpg



午後は シーラカンス設計の<海ミライ図書館>見学。雑誌で見ていたが、単なる孔の集合体のトリッキーな建物
と…馬鹿にしていたら、なんと内部空間の光が、優しく均一な静寂空間! 生身で感じなければ分からない
素晴らしい図書館です。約12.0ⅿの巨大な吹抜けは爽快です! 7月19日富山市の国志の文学館も
シーラカンスでしたが 圧倒的にこちらの方がBetterです。

IMG_20230729_115742.jpg

IMG_20230729_124404.jpg

IMG_20230729_120503.jpg

IMG_20230729_120706.jpg

IMG_20230729_120908.jpg

IMG_20230729_124634.jpg

IMG_20230729_125156.jpg



最後に街歩きで見かけた小粋なOfficeです。
IMG_20230729_151912.jpg

IMG_20230729_151944.jpg






  1. 未分類
前のページ 次のページ