建築日記~格ちゃんのひとりごと~

(株)環設計のブログです。 最近思った事や、建築に関する近況などを書いていこうと思います。




熊本地震について/事務所協会総会挨拶 :: 2016/05/24(Tue)

本日は栃木県事務所協会 平成28年度通常総会です。
祝辞を頼まれましたので、この機会に地震の歴史について簡単にまとめたので掲載させて頂きます。

<H28年5月24日  栃木県建築士会 会長 青木格次>
本日は建築士事務所協会様、平成28年度通常総会、並びに役員改選、無事終了との事おめでとうございます。
新しい執行部による指導のもと、事務所協会さんの今後の益々の発展を期待しております。
さてこのような席で挨拶させて頂くのは、1月の新年会、3月の創立式典に続いて本日で3回目ですが、
ともかく創立式典でも申し上げましたように、 業としての事務所協会、私としての建築士会 
と立ち位置は違いますが共に建築を通して<明るく 安全な栃木県>の創造を目指す目的は同じでありますので、
今後も私達建築士会の活動にご指導、ご協力をを宜しくお願いいたします。

ところで、熊本大地震が発生してから、今日で40日目になります。
多くの建築士が応急危険度判定に全国から熊本県に集結し、活動中しています。
栃木県からも、県職員を中心とした行政職の多くの判定士が既に派遣されています。
建築士会も事務所協会様と合同で、20名以上の判定士の派遣準備を整えておりますが、
いまだ派遣の要請は届いておりません。
しかし緊急時に備え今後も連絡体制は維持してゆく所存ですのでもご協力をお願いいたします。
また応急危険判定士の資格未取得の方には、今後の為にも資格取得をお願いいたします。

しかし、昭和の時代で記憶に残るマグニチュード 7を超える地震は昭和39年の新潟地震ぐらいですが、
平成に入ると平成7年阪神大震災、平成12年鳥取西部地震、平成16年新潟中越地震、平成23年東日本大震災、
そして今回の熊本大地震…と僅か28年間の間に5回も発生しています。約5年に一度の発生率です。

しかし日本書紀などの記録によれば西暦599年推古天皇の大和地震 以降、昭和39年の新潟地震
 までの1,366年間で記録に残る大地震は392回発生しております。
実に3.5年に一度の割合ですので、決して平成の年度が多いわけではありません。
また逆に言えば。ともかく5年に一度は大地震に発生するぐらいの覚悟を持って、
我々建築士は個々の建物をシッカリと造る使命と共に、緊急時には被害建物の判定や、
二次判定その後の住宅相談や街づくりへの支援…等、
大事な社会的役割がある事を心に刻んで日々精進して行きたいと考えております。

長くなりましたが事務所協会様の益々の発展を お祈りして挨拶とさせて頂きます。
  1. 未分類