建築日記~格ちゃんのひとりごと~

(株)環設計のブログです。 最近思った事や、建築に関する近況などを書いていこうと思います。




親父の疑問 02 :: 2012/02/25(Sat)

今朝起きたら一面真っ白の雪景色、宇都宮ではこの冬初めての本格的雪でした。
東北や北陸の雪で苦しんでいる方々には申し訳ないけど、しばし屋上に上って雪景色を楽しみました
(我家は鉄骨造なので 屋上があるのです)モットも今はミゾレに変ったので、午前中には雪も解けてしまうかな。

親父の疑問も1月28日にUPしてから一ヶ月も空いてしまったので、続きを書きます。
昭和30年代は私の少年時代、テレビが普及し始め、テレビを通して見るアメリカの生活に唖然としました。
ともかく1週間の番組の内、アメリカの番組が半分くらい占めていたんじゃないかな?

何と言っても西部劇、ララミー牧場、拳銃無宿、ローンレンジャー、アニーよ銃を取れ、幌馬車隊、名犬リンチンチン・・・家庭映画では 家のパパは世界一、名犬ラッシー、パパ大好き、奥様は魔女、デズニーランド・・・
テレビの中のともかくデカイ冷蔵庫とアイスクリームとコーヒーに憧れた。

中学、高校になると音楽は洋楽に夢中でビルボード誌のランキングに目を光らせ、ビートルズに圧倒され、万年筆はパーカーやモンブラン、車はポルシェやビートル、ムスタングに憧れ、大学ではサントリーのレッドを飲みながら、見たこともないジョニ黒やナポレオン、カミュをいつかは飲んでみたいと思っていた。ともかく欲しいものが一杯有りすぎて、でも何一つ買えなかった。大人になったら!と思っていた。

よく言われているが、今の若者は物質的に豊かなので、精神的なハングリー感が少ないのだろうと、私も思う。
司馬遼太郎氏の<坂の上の雲>ではないが、坂を上りきったら廻りは雲の中で 何も見えなかった、という状況なのかな? 五木寛之氏が<日本はこれから坂を下りなければ、新しい日本は生れない>と言うが、昭和30年から
約50年かかって手に入れたモノを捨てる勇気は、まだ無い。

しかしこれからの高齢化や少子化社会を考える時、団塊の世代の親父達が若者達に、新しい坂の上の雲を見せてあげなければ、若者達は<井の中の蛙>ならぬ<風呂の中の蛙>になってしまうのではないだろうか?
何が出来るのか? 何をすべきなのか? 分りませんが 頭の中にモヤモヤしたいちだの雲が湧いてます。
  1. 未分類