建築日記~格ちゃんのひとりごと~

(株)環設計のブログです。 最近思った事や、建築に関する近況などを書いていこうと思います。




建築士合格祝賀会での挨拶 :: 2016/01/11(Mon)

本日、平成27年1月11日 成人式ですが、
(株)綜合資格殿より、新建築士合格祝賀会での挨拶を頼まれました 。
建築士の魅力や可能性を若者達に伝えたいと思い、ブログにアップさせて頂きます。

私は栃木県建築士会の会長の青木と申します。
本日は宅地建物取引士及び1・2級建築士合格祝賀会にお招き頂きまして有難うございます。
皆様に改めて合格お祝いを申上げると共に、私達建築士会への入会案内でお伺いいたしました。
建築士会とは学科試験の法規でも勉強したと思いますが、建築士法の第5章で設立が認可されている団体で、
都道府県ごとに設置されている1級、2級、木造建築士の建築士の資格を持った者が入会出来る資格者団体です。
栃木県建築士会は64年前の昭和27年に設立され現在の会員数は1,380名です。
業種の内訳は建設業関係が約50% 設計関係が40%、他は教職員や行政職員、不動産関の方々など
多種多様な方々が在籍しています。

色々紹介したいこともあるのですが、時間の関係もありますので一つだけ話をさせて下さい。
多分皆さんはまだ実感が無いと思いますが、建築士と言う資格は今後の皆さんの一生を
個人的にも社会的にもサポートしてくれる大変重要な資格です。
又この資格から様々な方面に自分をスキルアップ出来る基礎となる資格でもあります。

個人的には建築士の資格を持つことで、設計や施工の就活や仕事の上で皆さんの
社会的評価が 1ランクも 2ランクもアップする事は間違いありません。
また建設業界以外の例えば不動産や測量、土木、インテリアの分野でも非常に評価の高い資格です。

次に社会的な分野では様々な分野で社会貢献が出来る資格なのです。
例えば、歴史的建造物の調査保存ではヘリテージマネージャー制度が、
空き家や空店舗の建物診断ではインスペクターという資格が、
災害支援では現場に駆付け建物の危険度調査や判定を行う応急危険度判定士…等
これらは建築士でなければ出来ない社会貢献です。
更に自分をスキルアップさせるならば不動産の分野では本日多くの合格者がいらっしゃる宅地建物取引士や
土地家屋調査士、測量士、 医療の分野では福祉住環境コーディネーター、 金融の分野ではFP…の試験等でも
建築士の知識は大きなアドバンテージとなります。

どうかこの素晴らしい建築士と言う資格を得た事を誇りとして、今日からまた仕事や勉強の上で、
新しい一歩を踏出してください!そして更に自分をスキルアップして有意義な人生として下さい。

建築士会は色々な情報提供や各種の研修会を開催して皆さんをバックアップしておりますので、
是非入会して下さい。本日は建築士会青年部の方も出席していますので、この後色々話をしてみて下さい。 
また 2月21日の第3日曜日には建築士会主催の新建築士セミナーを開催しますので是非ご参加ください。 
本日は本当におめでとうございます。
  1. 未分類