建築日記~格ちゃんのひとりごと~

(株)環設計のブログです。 最近思った事や、建築に関する近況などを書いていこうと思います。




20年後の<住い>後編 :: 2015/04/19(Sun)

平成27年4月19日(日) ※今週、宇都宮市より新しい仕事が入りました!これで一安心です。

2回にわたり、20年前の思い出話と 2、0年後の予測話をさせて頂きましたので、
本日は話のテーマである、20年後の<住まい>について話させて頂きます。

前回の少し述べさせて頂きましたが、これからの住宅にはこだわりと付加価値が必要になって来ると思います。
キーワードは次の3つです
①リフォームとリノベーション(Renovation 大規模改修)…前回の空き家の項でも述べましたが、これからの住まいの
  設計では空き家・空き店舗対策と リンクして、リフォームやリノベーションによる手法が主流になると思います。
  また今後、30年間にわたり高齢者は増加し続けますが、一方では画一的老人施設ではなく、現在の住まいを
  リフォームにより<終の住処>として再生を希望する高齢者の方々が増加すると思います。

②歴史 と 文化…高度成長の時代が終わり、成熟社会を迎えた現在、そして始まった少子高齢化による社会現象の
  一つとして、ふるさとの歴史と文化の発見が今後、益々盛んになると思います。
  その中で、街づくりの核となる歴史的建造物の調査や設計に一定の見識を持つ建築士(ヘリテージマネージャー)には
  地域再生への提案や活躍の場が期待されています。これからの住いの設計は、ふるさとの歴史と文化に根差した
  保存と創造、不易と流行を基盤とした、地域に根差した設計が求められると思います

③エコロジーと省エネ…これからの住宅にはこだわりと付加価値が必要になって来ると思います、と記しましたが、
  エコロジーと省エネは、まさに目に見える付加価値のシンボルであると言えます。
  省エネに関しては、国交省は平成25年次世代省エネ基準を 5年後の2020年までには義務化し、
  標準的な新築住宅をZEH(ネットゼロエネルギーハウス)で実現し、更に15年後の2030年までには新築住宅の
  平均にZEHを適用する目標を掲げてスタートしました。
  今後、多くのハウスメーカーがZEHを標準装備として、雨後の竹の子の如く多くの商品を発表して来ると同時に
  市井の我々設計者や施工者にとっては、省エネ機器の装備では一歩も二歩も遅れた状況になると思います。
  が一方で、成熟した大人の社会では本物志向がますます強くなり、内外装に自然建材を用いた健康住宅や
  自立循環型住宅などのエコロジー分野で設計された住宅の付加価値が、見直されることになると思います。
  エコロジーの理念と省エネ機器による住宅は、20年後の住まいの設計の主役であると言えます。

4月17日から3回にわたって思いつくままに書かせて頂きましたが、これから20年間で少子高齢化による
さまざまな社会現象が起きてくると思います。
建築に限って言わせて頂くなら、社会の不足を補う為に、新たに造ることを<建設>と言っていたならば、
今後はそれらを適正規模に整える、あるいは収斂させることを<建設>と呼ぶようになるかもしれません。
20年後の建築設計は、現在と立ち位置が逆転している世界かもしれません。
  
 
  1. 未分類