建築日記~格ちゃんのひとりごと~

(株)環設計のブログです。 最近思った事や、建築に関する近況などを書いていこうと思います。




エネルギー パスについて  :: 2014/03/02(Sun)

ここ最近はスマホでクラシックを聴きながらウォーキングしてます。
風景が全く違うのです!
スマホを聴きながら歩いていると、まさに中世王宮の気分になり
実にユッタリした気持ちで何時間でも歩けそうです。
バッハ、ヘンデル、モーツアルトなどが最高ですね!!

今週、友人の設計士からエネルギーパスの講義を受けました。
まさに目からウロコです!
簡単に紹介すれば、(株)環設計とNPO法人栃木エコロジー設計協会が目指していた目標は
エコロジーとエコノミーによる環境共生住宅です。当然今でもその目標は変わっておりません!
そしてそのHow toとして OMソーラーや地場産木材による【 お日さまと木でつくる栃木の家 】Project
による家づくりでした。
またそのバックデーター確認方法としてキャスビーやH25年省エネ基準ソフトによるシュミレーションでした。
しかし、残念ながら上記のソフトは省エネ、創エネの判定評価を行いますが、グレード評価であって
月々の経済効果やランニングコストまでは判定しません。そこから先は私達の勘と経験で算出していました。

ところが、エネルギーパスのソフトは グレード評価ではなく、ランニングコスト評価で判定するのです!
丁度、車の燃費性能を プリウスなら35㎞/L と評価するように月々のランニングコストを計算するのです。
さらにモット低く抑えたければココをこうすればこうなると、自分でパワーアップもできるのです。

建物の耐震診断を受けて、評価が低いときは耐震補強の提案まで行うのと同じプロセスです。
ドイツ、フランスをはじめEU諸国では、このエネルギーパスによる住宅評価が一般的に採用されているとの事です。

(株)環設計もNPO 栃木エコ協会もエコロジーに対するノウハウは十分に持っておりますが、
ランニングコストに対するノウハウは、今一つ説得力がありませんでした。
しかしこのシステム導入によりエコノミーに対する自信も持てそうです。
早速、東京の講習会に参加して(講習費が¥10万 もかかるのですが…)
4月から採用したいと思います。ヤット両手、両目が揃った気分です!
【 お日さまと木でつくる栃木の家 】Projectのヴァージョンアップを計ります。
  1. 未分類