建築日記~格ちゃんのひとりごと~

(株)環設計のブログです。 最近思った事や、建築に関する近況などを書いていこうと思います。




続・知覧を訪ねて :: 2020/11/10(Tue)

令和2年 11月10日  明日で71歳になります(^.^)/~~~
IMG_20201107_132438.jpg

知覧の特攻で戦死した若者たちが 皆一様に書き残したメッセージが 大きく分けて 二つあります
① 戦争が終わった後の日本をよろしくお願いします!と 後に続く我々に残した願いの言葉
②自分の両親や子供達の為に、自分は特攻に征く! 自分の死を無駄にしないで欲しい!と言う遺言

①の願いにに対して 写真の石碑が奉納されていました
 <手を振りて 知覧翔び征く特攻機 君の笑顔に 昭和責めらる>
この石碑が 戦争の責任を昭和に問う言葉なら、納得しますが
戦後の日本と日本人に向けての 言葉とすると、少し反論したくなります。
戦後、戦場から帰った父や多くの軍人の方々は、戦友の死を無駄にしまいと 必死に働いたと思います。
そして僅か20年足らずで 東京オリンピックを開催し、GNP世界第2位の経済発展を成し遂げてくれました!

戦後生まれの我々団塊の世代も、戦争の体験は無いものの 父の背中を見ながら 必死に働き
<オー猛烈!>等と言われながらも 昭和50年代、60年代を夜遅くまで働きました。
私は、胸を張って責められることは無い!と言えます。

②の自分の死を無駄にしないで欲しい!と言う遺言
に対しては 憲法 9条改憲反対運動に対して 問いたいです。
特攻で死んで行った若者達は <自分の国は、自分の家族は 自分の命で守る他ない!> と言う
当然の動機で逝ったのです。
難しい平和論や憲法論以前の、人間として至極当然の動機で行動したのです。
自分の国を、家族を守る為の軍隊を持つことが、なぜ違憲なのでしょうか?
自分の死を無駄にしないで欲しい!と言う遺言が 未だに実現出来ない
昭和、平成の時代こそ<責めらる>べきです。








  1. 未分類