建築日記~格ちゃんのひとりごと~

(株)環設計のブログです。 最近思った事や、建築に関する近況などを書いていこうと思います。




設計紛争始末記 :: 2019/11/30(Sat)

令和元年 11月 30日
明日から12月、師走です。その前に今月を振返ると実に多事多彩、諸事所用の多い月でした。
何と言っても 11月16日<とちぎ木造塾>を開校出来たことが最大の喜びですが
一方で 9月からの 設計料未払い騒動が、無事解決した事にもホットしています。

事の起こりは昨年3月中旬に、友人から建主を紹介され、
今年の11月に竣工したいので設計をお願いしたい、との依頼を受けました。
その後 7月上旬までの約3ヶ月半の間に打合せ 6回、基本計画案を7案作成~
現地平板測量やレベル測量なども行いました。
また建主夫妻からは打合せの内容について色々な希望がメールで送られて来ました

ところが7月中旬のメールで、銀行融資がナカナカ難しい状況と家族内の問題が発生した為、
しばらく延期したいとの連絡が入りました。
融資関係や家族内の問題は、設計期間中に往々にして良く発生する問題の為、
<了解しました。解決の目途が立ちましたら又ご連絡ください>と返信し、
今年の年賀状でも、その後いかがですか?と書き添えました。

今年の 9月、たまたま建主夫妻の近くを通りかかると、何と工事中! 屋根や外壁も終わり
内装工事を施工中に見えました。また平面や外観も当社の提案した計画案に類似しているように思えました。
そこで9月中旬に紹介者の友人に<当社へ一言も連絡ないのはどういう事か、
また設計料に関してどう考えているのか>と 疑問を問い質し、建主からの回答を依頼しました。
また当社の掛った費用は実費計算で基本設計料¥60万との見積書も提出しました。

以上の質問に対して
<こちらの希望に対してあまり言う事を聞いてくれない為、違う設計事務所に依頼した>
<設計契約はまだ行っていない為、設計料を払う必要は無い>
との回答が先月の10月上旬、知人を介してありました。

上記の2つの反論は設計料を拒否する時、ほとんどの建主が口にする言葉です。
しかし設計契約は締結していなくても、建主からの指示書や打合せ議事録が残っていれば
設計契約は成立していると認められています。
また<積極的に対応してくれない為>には<ではモット早い段階で不満を伝えなかったのか>
と問われ、建主の主観的な意見と見なされています。
そもそも設計とは<建主の要求に対して専門的立場から その可否を考え、更にMore Betterな提案を行う事>
であり、その為の報酬が設計料です。
言う事を聞いて設計するだけならば、設計施工で依頼すれば済みます。

ともかく <バレなければタダで済まそう><今までの打合せはサービス業務だ…>と言う感覚です。
10月下旬ごろ仲介者の友人が、現場の測量代として¥10万 支払います、との提案を持ってきました
私は建築士という資格や設計という業務に対して、上から目線で軽んじる夫妻に猛烈に反発心を感じました。

このまま泣き寝入りしては<設計業界の恥になる!>との思いから 11月中旬に
知人の弁護士に相談に伺い、簡易裁判所に少額訴訟の手続きを進めるよう、お願いしました。
弁護士によると 商法 512条には<商人がその営業の範囲内において他人の為に行為をした時は、
相当の報酬を請求する事が出来る>と定められている、から胸を張って裁判官の前で主張しろ!
と元気づけられました。
その結果、11月下旬に急転直下、相手方の弁護士から和解案が提示されました。
建主夫妻が基本設計料として、金額は少額だがその対価を支払うという事に同意しました。
私としては 金額の多少よりも、設計を業務をとして建主夫妻に認知させたことが、大きな喜びです!

昨年の7月下旬のメールに 一言<設計は中止します>と言って貰えば、私も早い段階で対処出来
こんな騒動には成らなかったものに…と悔やまれます。
繰り返しますが<バレなければタダで済まそう…>は大人の社会人のとるべき態度ではないですよね。









  1. 未分類