建築日記~格ちゃんのひとりごと~

(株)環設計のブログです。 最近思った事や、建築に関する近況などを書いていこうと思います。




家づくりサポートセンターの立上げについて :: 2017/05/28(Sun)

平成29年5月28日  【家づくりサポートセンター】設立の動機について 県のパブコメに投稿した内容です。

栃木県建築士会の青木と申します。今回、県民税(森林税)の使用目的についての
パブリックコメントの募集があるとお聞きしましたので、応募させて頂きます。

森林と環境問題や 栃木県の林業の発展にとって、
設計や施工に直接かかわる我々建築士の役割は非常に大事であると考えております。
現在、建設業界は平成22年公共建築物等における木材利用促進法の制定以降、
非住宅系を含め多方面で木材の利用が進んでおり、昨年はCLT(積層接着厚型パネル)の設計法に関する告示が出るなど、
新しい技術開発も進んでおります。

しかし地場産業である住宅建設業と地場産建材業は、地域の中核産業の地位から大きく後退し
近未来的には著しく縮小してしまう可能性が考えられます。
ちなみに栃木県の住宅着工戸数は2010年以降、平均1万3千戸で推移していますが
10年後には1万戸を割込み8千~9千戸になると予想されます。
一方、工法別にみると非木造系住宅が約4千戸、木造系住宅が9千戸ですが、
2×4工法や 大手ハウスメーカー、地域のパワービルダーによる分譲住宅を除くと
地域の工務店や設計事務所が受注している住宅は年間約4千戸と推定されます。
10年前までは約8~9千戸でしたので、いかに激減したかが分かります。

原因は大きく二つ考えられます。一つは、一般消費者の住宅に対する要求が大きく変化した事、
もう一つは 設計、施工者側から消費者への 在来木造住宅の良さのPR不足です。
一般消費者の要求の変化に対しては、時の流れと受け止めるしかありませんが、
もう一方のPR不足は、地場の建設業界が至急に取組まなければいけない課題であると思います。

栃木県建築士会は建築士の資格を有する資格者団体で、職域は 設計、施工、資材販売から
行政、教育職まで多方面の方々が参加している団体です。
また地域に根差し、職業を通して地域の発展に寄与する事を目的としている団体です。
そして今年度から上記の2番目の課題に取組む為に(仮称)家づくりサポートセンターという窓口を立上げ、
<栃木ファースト>を旗印に一般消費者の方々に無垢木材の良さや県産木材の積極的利用を始め、
各種地場建材の紹介や家づくりのノウハウを教えるセミナーの定期開催などを計画しております。

また一方で在来木造の設計士が少なく、木材利用が浸透しない現況を脱する為に
会員建築士を対象に<木造塾>を立上げ、川上の林業視察や川中の製材視察をスタートラインに、
一年間の講習期間で在来木造設計士を年間30名、3年間で100名誕生を目標に開講し、
設計士の立場から在来木造住宅と地場建材の良さを、消費者に積極的にPRして行きたいと考えております。

川下の設計、施工の立場から 川上の林業支援、更には栃木の環境保全のお手伝いできれば
職能としての建築士の誇りです。
最後になりますが、当会の主旨をご理解頂き、ご支援を頂ければ幸甚です。

  1. 未分類