建築日記~格ちゃんのひとりごと~

(株)環設計のブログです。 最近思った事や、建築に関する近況などを書いていこうと思います。




その内 が今の内に :: 2020/07/15(Wed)

7月18日から8月16日までの 1ヶ月、30日間 長年の夢だった奥の細道…の徒歩旅行に出かけます。

予定ルートは 宇都宮~那須~郡山~福島~白石~仙台~松島~石巻~南三陸~気仙沼~一関~平泉
~水沢~北上~盛岡~松尾~安代~鹿角~十和田湖~奥入瀬~八甲田~青森 と約 850㎞ の旅です。
平均速度5㎞、一日 6時間の歩行で 約30㎞/日 として約28~30日の旅です。

30歳で事務所を開設し、それから40年間 家族の為、会社の為に仕事一筋で頑張ってきたつもりです!(^^)!
バイクで日本一周旅行、世界建築遺産10カ所巡り、富士登山、城と城下町巡り…等 沢山の夢があります。
幸いにも今までに世界建築遺産には8ヵ所行く事が出来ました。

マア良いか、マアイイヤ…その内に! と思いつつ気が付けば古稀を迎えました。
芥川龍之介の言う<ボンヤリとした不安>…も感じ始めました。
幸いにも子供達も社会人として一人前に成長してくれ、会社も 5年前からは無借金で安定しています。
健康診断では要注意のイエローカードが出ますが、毎日のジョギング、ウオーキングのお蔭で健康です。
ジョギング、ウオーキングも42歳の厄年にスタートして、今年で28年間 昨日で#6,326回となり 7,000回まで
残り 674回 、あと3年間はかかるかな(^.^)/~~~ …という事で <その内 が 今の内に!>となりました。

コロナ感染予防の最中に不謹慎な!と叱られるかもしれませんが、<マア いいか、その内に>と
思い始めるとまた同じ轍を踏むことになりそうなので、ともかく 出発します!
一人旅ですし、徒歩ですから周りの方に迷惑をかける事も少ないと思いますし、
店に入る時はマスクは着用し手洗い消毒もキチント行います。

旅の楽しさを連想するより、あれこれ不安が募ります。
学生時代、同じようにバックパッカー背中に背負って ユーレイルパスだけで ヨーロッパから地中海、北欧と
約 40日間一人旅をしました。その時と同じ気分で出発できると…思っていましたが、それが違いました。
あれこれ不安だらけで、何だかんだと持参品リストを作ったら50個以上になりました(*_*)
<どうにかなるさ…>と言う若さと馬鹿さが無くなり、
<あれはコレハ…>と心配する大人になったのだな・・・と実感しました。
という事で、もう一度<どうにかなるさ…>と言う若さと馬鹿さを取り戻す為に
荷物は最低限必要な 20個に限定しました。

サテサテどんな旅になるか…
浅田次郎氏の<流人道中記>を3回も読返し 旅気分のテンションを高めています!(^^)!

  1. 未分類

6月14日 自粛解除後 2週間 :: 2020/06/14(Sun)

本日も雨模様、先週は真夏のような30℃超えの暑い日が続いたかと思うと、昨日から一転して23~24°
の長袖シャツに逆戻りです。コオナ自粛も6月1日で解除され、栃木県も幸いなことに新規感染者が0名の日が続いています。
一見以前の生活に戻ったように見えるけど、ヤハリ何か違います(>_<)
皆さん ビクビクして生活している…そんな感じです。感染しない様に、感染させないようにと気遣って生活しています。
やはり日本は、日本人は民度が高い国民なんだなー と実感しています。

でも、これしちゃダメ! あれしちゃダメ!とダメ出しばかりの生活が日常になりつつある様で…何か淋しいです。
三蜜の生活はやはり、非人間的ですよね。密閉、密集は我慢できるとしても
密接は人と人とを分ける事だから、人という文字が人でなくなってしまう気がします。

秋には第2波のコロナ感染が予想されるから、マダマダこの生活を続けなければいけないのだろうけど (>_<)
ともかくコロナの治療薬が一日も早く、開発されることを祈って
ヤセ我慢の生活の中でも、楽しく過ごせるような心構えを教えて欲しいです。

仕事への影響はこれからかな? 
平成17年の姉歯事件でも、平成21年のリーマンショックでも 建築業界への影響は 半年遅れで来ますので
今年の9月頃から建築不況が発生しそうです。
観光業関連、飲食業関連の仕事は全てストップでしょう。医療福祉施設関連も コロナ対策でストップ、
産業界も需要落ち込みでストップ…と全ての業界でストップが予想されます。

サテサテ どうやって環設計は乗り切って行くか?? 
アフター コロナ後の指標がさっぱり見えて来ません(*_*) 
どうも 話が暗くなって来たので明るい兆しが見えてきたら、UPします(^.^)/~~~




  1. 未分類

ナント 今日は令和2年5月30日! :: 2020/05/30(Sat)

イヤー気が付いたらもう5月も後1日、前回のブログが2月22日だから 3か月も経過したのか…(*_*)
3月、4月、5月と この3か月間は ともかくコロナ感染拡大防止の為に過ごしたように思えます。

ともかく自粛に次ぐ自粛で、全ての会議や行事、イベント…が中止となり、街から賑わいが消えました。
東京オリンピックも春夏の甲子園も、地方の数多くの夏祭りも花火大会も…数え上げたらキリがありません!
個人的にも建築士会関係の全ての会議や講演会、研修会さらには全国大会(広島大会)も中止となりました(>_<)
1月下旬の頃は 冬の新種のインフルエンザ…くらいに考え、暖かくなったら収束するのだろう、と思っていました。

ところが、トンデモナイ間違いだったことが日を追うごとにハッキリして来ました!
日本は勿論、世界中の国がコロナ感染防止の為に、国境を封鎖し、外出制限や外食禁止を決定ました。
日本の規制は、罰則規制が無く自粛要請なので世界から見れば、日本はコロナ対策が不十分だと非難されました。

でも日本は民度の高い国です!日本人は人には迷惑を掛けない…と言う精神を持っています!
中国や韓国のように 上から目線で行動をカメラで監視し、押さえつけるような権力主義の国とは違います。
上から押さえられれば、規制が解除されると人への迷惑などは考えずに行動する、民度の低い国とは違います。

6月からは学校も再開しますし飲食店も各種サービス業も…全てが再開し、前のような生活に戻ると思いますが
やはり、この3か月間の経験は、完全に同じ日常生活とはならないと思います。

まず、人との関係が 3蜜の密閉・密接・密集を根底に置いた新しい生活基準になるかも知れませんね。
仕事も リモートワークやテレワーク への移行が進み、IT化が加速し、人との直接会話が少なくなると思います
ともかく、スポーツやイベントにおいても 人との接触は極力避ける無観客試合や打上の懇親会は無し!
…等と言うそんな 味気ない世界になるかもしれません(>_<)

でも人間は人と寄り添って生きてゆくから…人なのです。
だから3蜜の生活基準に、人の要素を取り込んだ新しい生活基準を創り出して行くことになると思います。
3蜜を回避する為に 自分の行動に責任を持ち、公共マナーを高め、人へ迷惑は掛けないようにする
…という事かな (^.^)/~~~  何か校長先生の訓話のような結論になって来ましたので、これで止めます。

コロナ自粛で 予定していた某寺院の 増築工事がストップしました (>_<)
一方、国より持続化給付金の交付を頂きました、有難かったです !(^^)!



  1. 未分類

AI 設計の未来 :: 2020/02/02(Sun)

令和 2年2月2日日曜日 222の横並びだな!
前回 20年後の人口減少とは北関東から北海度までの東日本までが無人地帯になる・・・
という事と同じです、と書き込みました。この話を先週ある会合で話し、20年後の世界はどうなってしまうのかな?
と不安を述べたところ、ある人から<大丈夫だよ、人手不足は AIやロボットがやってくれるから!>と言われました。

なるほど、確かに20年後のコンピューターは格段の進歩を遂げ、全てはI ÒTやAI が考えてくれるのだろうな…と
漠然と想像は付きます。多分、間違いなくそうなるのでしょう!
デモ、実に単純な疑問ですが<AI やロボットのミス、間違いは誰が責任を取るのかな?>
まさか、AIが責任取るのかな<損害賠償は出来るのかな?

建築の世界では柱や梁の大きさを決定する計算を構造計算と言います。
一昔前までは(昭和の時代までは)計算尺や計算機を利用した手計算と長年の感で判断していました。
現在は全てコンピューター計算で、人がやる事は一番最初の基本データーを入力する事です。
もし、この入力の時点で例えば床の積載荷重100㎏を1,000㎏と 0 を一つ多く打込んだとしたら、
そんな単純ミスでもコンピューターは間違ったデーターに基づきキチンと計算してくれます。
本来なら柱の大きさ□50×50cmを 多分□150×150cmと10倍も大きな柱寸法を打ち出してしまいます。
でも手計算をで感を養った人には直ぐにオカシイ?と気づきますが
コンピューターの計算しか経験の無い設計者は、柱の大きさを□150×150cmと決定してしまいます。

この責任は誰が取るのか、当然 データーを打ち込んだ者の責任ですよね!。
AI設計やロボットが如何に進歩しても、最後は人の判断が必要ですし、責任も人間が取るべきなのだ!
と思います。
何が言いたいのか、少し???なので今日はこれで止めます。
  1. 未分類

20年後の予想・前 :: 2020/01/19(Sun)

令和2年 1月19日
先週は新年会の連チャンでヤヤ疲れ気味です。
そんな新年会の席で、次のような話を聞きました。
<2020年日本の人口は1億2,800万人だが、このままの行けば20年後の2040年は1億1,000万人になる>
<1,800万人は現在の人口の約13%の減少だから、大したことは無い!と思われるかもしれないが栃木、
群馬、茨木、福島、宮城、山形、岩手、秋田、青森 9県の人口に匹敵する!> つまり
<埼玉から北海道まで、日本の面積の約 1/3 が無人地帯になる!>と言う事です!

イヤ~ビックリしました (*_*) 少子高齢化とは そういう事なのか!とあらためて実感しました。
人口減少は高齢者対策の福祉費用が増大するだの、日本の赤字が何十、何百兆円 も増大するだの
…経済面や医療介護や福祉の面ばかりが記事として取り上げられていますが、
実はトンデモナイ過疎化の時代がすぐそこまで来ている事に 愕然としました!
  1. 未分類
次のページ